男性との交際

女性が選ぶ失敗しないデートコースの選び方・考え方教えます!

今回は『失敗しないデートコースの選び方』です。

女性がデートコースやプランを選ぶときに意識したいことや男性心理について詳しくお伝えしていきます。

男性がデートコースをすべて決めてくれればいいんだけど、「どこ行きたい?」などと女性の意見も聞きたいのが男の心理。

中には、女性にすべて決めてもらおうとする男性もいる。

そういったことを想像しながら、あなたが困ることがないように、今回の記事を書いてみた(笑

特に出会ったばかりのカップルなら、デート選びで失敗したくはないしね。初デートの場合なら、なおさら参考にしてほしい。

そうならないためにも、今回の記事を参考にしてもらってデートプランを考えてみて。

きっと、素敵なデートになると思いますよ。

彼とのデートを楽しんでいきましょう!

失敗しないためにデートコースをどうやって選んで決めるか

男性がデートコースを考えるべきだと、そう思い込んでいません?

男性はデートコースを考えて女性をエスコートするものだと、それが当然だと思っているかもですが『デートの内容を考えるのが大変…』と頭を抱えている男性は表に出さないだけで結構います。

ときには、あなたからデートコースやプランを提案してみてはいかがだろう?

男性が女性をしっかりエスコートして、こちらの意図を汲み取って理想的なデートコースを提供して欲しい!という考えをやめて、少し男性の立場になって考えてみてもいいかも。

女性がデートプランを考えてみるのも斬新で喜ばれる。

今回は女性がデートプランを考える時、理想的なプランを考えるのではなく、女性ならではの観点や関心、男性に対する心遣いについてのポイントも紹介したい。

『デートコースを考えて』とお願いされたら?

男性から『次のデートコースを考えてもらえる?』と頼まれたことはないですか?

『今度のデートはどこにするか決めて欲しい』
『そんなに詳しくないからお願いしてもいい?』

といった感じで頼まれるかもしれない。

そんな事を言われたら、ちょっと尻込みしてしまう女性がほとんどだと思います。

  • 男性がデートコースを考えるが当然でしょ?
  • 女性に頼むとか甲斐性のない男

という気持ちになるかも?

彼のことを何が何でも聞き入れることができないならデートを断るしかないがが、せっかくのご縁がなくなるなんて非常にもったいない。

彼は忙しくてデートプランを考えることができなかったのかもしれないし、あなたの希望を第一に考えての行動かもしれない。

無理して引き受ける必要はないですが、思い込みで勝手な判断はしないほうが良いです。
デートコースを考えるのは、思いのほか楽しいかもしれないしね。

〇3つの返事 YESとNOともう1つの答え

男性からデートコースを依頼されたら、次の3つから選びましょう。

1.いいよ、楽しみにしてね!(=Yes)
2.やりたくない。(=No)
3.一緒に考えようよ。(Yes・Noのどちらでもない)

『やりたくない』と返事してしまったら今回のデートで終わってしまうかもしれないので、『Yes』の返事か『一緒に考えよう』と答えましょう。

中でも『一緒に考えよう』と返事したら、相手の希望もデートプランに組み込むことができるので、男性に対して心遣いもできる回答になる。

さらに、女性がデートコースを考えることで最大のメリットをえられる。
それは、行きたくない場所を避けられること。

男性が決めたデートコースでは、満足できないと思ったことが何度かあったかもしれならなら余計にね。
希望の場所、試したいこと、好きな食べ物、自分で自由に決められるのは嬉しいはず。

デートコースを決める時に 女性が選ぶポイント

1.希望の場所や自分の好みを自然に伝える

ここからはデートコースの選び方実践編。意識してほしい点を4つ紹介します。

1つ目は、希望の場所や自分の好みを自然に伝えること。

具体的には、

  • この間テレビで見た○○って楽しそうだね
  • ここ最近は暑いから涼しい雰囲気の水族館にいってみない?
  • 和食を食べたい気分で○○ってお店が今話題だよ。お得なランチに食べに行ってみようよ。

といった感じです。

デートコースの選び方といわれて悩みこむ心配はしなくて大丈夫です。
あなたがやりたいと思ったこと希望の場所をそれとなく伝えるだけでOK。

しかし、男性の希望も無視することはできないので、デートコースを選ぶ前にそれとなく聞き出すことも忘れずに。

自然に伝えることが重要。
デートコースを女性が選ぶといっても、相手より偉くなったわけではないから。

彼の意向を無視せずに自然な感じで自分の希望を伝えましょう。

このような会話を重ねていくと、和食が好き、水族館が好きというあなたの好みが男性の中に積み重なり、今後のデート選びがスムーズになるメリットがある。

2.『AとBどっちがいい?』

2つ目は、目的地の希望を2つにしぼること。

具体的には、

  • 海と山のどっちがいい?
  • 和食とイタリアンのどっちを食べたい?

という感じでおおよその二択でもいいし、

  • 映画と遊園地ならどっちにする?
  • スカイツリーとヒルズのどっちが行きたい?

という具体的な目的地の二択でも大丈夫。

二択で聞くことで相手の希望を組み込めるメリットがあります。
さらに、デートプランを一緒に考えることができるので「共同作業感」を育めるメリットも!

そして、デート本番で気になることは男性の反応ですよね。
関心がなさそう、飽きているように感じたらあなたも動揺を隠せないはず。

しかし、二択で男性に選んでもらったなら、相手にとって関心のあるものなのでそんな悩みをなくすことができます。

ちなみに、四~五択と選択肢を増やしすぎると選びにくくなってしまうので、二択か多くても三択までにするのがオススメ。

3.女性単独で楽しむのは避けよう

女性が1人だけで楽しむところや、最終的に女性しか楽しめないようなところをデートコースに組み込むことは避けたいところ。

上記のことは、女性側は意識していない人が多いので気をつけよう。

避けたほうが良い場所を具体的に挙げます。

・お洒落すぎるカフェ
お洒落なカフェは料理もお洒落だけど量が少ないことが多い。
男性は満腹になれず不満かもしれません。

・ウインドウ・ショッピング
男性は欲しい物をすでに決めた状態で買い物をする傾向がある。
女性がよくやるウインドウ・ショッピングに連れ回されることをかなり嫌がります。

・遊園地やテーマパーク
朝から晩まで一日中滞在する定番のデートスポット。
せっかくの休日なのに疲れるという意見が多くみられます。

これら3つは、はじめてのデート選びにはおすすめしない。

4.男性を立てる

デートコースを選ぶときからデート本番、デート終了まで大事な場面では男性を立てることを意識してほしい。

男性を立てるというのは具体的には、一歩引いて男性について行くことです。
女性がデートコースを考えた場合、次の電車に乗るよ、そろそろご飯を食べようといった感じで男性を引き連れてしまう傾向が多い。

そんなことを一日中続けてしまうと、男性の気持ちが落ち込むかもしれないから。
『俺は遠足中の小学生で、お前は引率の先生か』という気持ちになっているかも。

女性は上から目線での言動をしないように注意して、ここ一番の決めごとやお別れの時などは男性を立ててあげよう。

何から何まで仕切るのではなく、ここぞという場面で男性を立てることが好かれるオンナになるための条件です。

まとめ

今回は、女性向けのデートコースの選び方を解説しました。

恋愛や婚活関連の本には『男性がデートコースを決めて、女性は笑顔でデートを楽しむ』と紹介しているものがほとんど。

それなのに、なぜ女性がデートコースを選ばないといけないの!?と思うかもだけど、デートで大切なのは相手と楽しい時間を過ごすことで、男性・女性のどちらがデートプランを考えても問題ないよね。

それに、親近感のある男女ならデートがどんな場所でも何をしてもと楽しい時間になるはず。
過度に意識せずにデートコースを選んでみてね。

あなたと彼のデートが、めちゃめちゃ素敵な時間になることを願います^^

The following two tabs change content below.

中居 賢匠

恋愛トレーナー。恋愛心理学と実体験を元に、恋愛や婚活で悩んでいる方に日々アドバイスやサポートを行っている。「ぼっち」をなくすをコンセプトに一人ひとりに寄り添った恋愛アドバイスを提供中。随時、恋愛相談も受付中!詳しい自己紹介ページも見てください。(恋愛相談フォームあり) ⇒詳しい自己紹介ページはこちら

人気の記事

1

お悩み女性「四つん這いになって、自分で胸を見ると細い。 U U←こんな感じ (泣)」 他にも ブラに胸がおさまらない 子供の授乳で胸がかなり垂れた バストがたれパンダみたいになってる 貧乳で悲しい… ...

2

婚活アプリ初心者 「どんな婚活アプリを選べばいいかわからん。どのランキング見ても順位バラバラだしどれが正しいの?」 今日はこんな疑問に答えていきます。 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ...

3

女性がモテる時期って若いときだけ。そんなこと思ってませんか? でも実際はそんなことはなく、僕の周りの男性陣からもアラフォー以上の女性に魅力を感じたという話なんてそれこそよく聞くこと。 40代の女性でも ...

-男性との交際
-, ,

© 2020 超恋愛思考.com