失恋と復縁

元彼のことが忘れられない人の会いたい心理と復縁できる可能性について!

今回は『元彼が忘れられない心理と復縁の可能性』について解説します。

彼との思い出が忘れられなくて苦しい、辛いと悩んでいる女性の気持ちと復縁への可能性を考えていきましょう。

終わった恋を清算できない!長~く後ろ髪を引かれるワケ

運命と信じるほど燃え上がった恋が、終わりを迎えることもあります。

時間が解決してくれるというけれど、それは必ずしも効くわけではありません。
月日の経過、別の誰かからのアプローチなど、次に踏み出せそうなタイミングがあるにもかかわらず、昔の元カレを想ってしまう…そんな経験ありませんか?

昔の恋にいつまでも後ろ髪を引かれる。
そこにどんな理由があるのか、一緒に考えてみましょう。

ケース①/気持ちがあるうちに別れを告げられた

終わった恋が忘れられない大きな要因となるのは、別れ方。
気持ちは冷めていないのに、彼氏からばっさり振られた場合は、大きな未練が残ります。

女性側は冷めていないワケなので、当然といえば当然。
別れる前の話し合いもできず、ただ別れるという選択のみを突きつけられれば、ショックと痛みが一気に広がってしまうでしょう。

なぜ嫌われたのか?何がダメだったのか?そんなことをグルグル考えて、気持ちの整理ができずに引きずってしまうんですね。

ケース②/将来を考えるくらいの相手だった

結婚相手としての将来を考えるほど、心から想っていた男性。
その人に振られてしまうと「こんなに好きになれる人はいない」と悲観的になってしまうもの。

将来を考えていたわけだから、彼との理想的な夫婦生活や、家族での暮らしも夢見ていたはず。

生涯を共にしたかった彼氏と思い描いていた夢、それらを一気に奪われることになり、心にぽっかりと穴が開いてしまい、終わりを受け入れられなくなるわけです。

ケース③/自分が悪いと自覚している

例えば、浮気をしたり、恋人以外の男性にアプローチしたり。
女性自身が振られる理由を作ってしまった形でも、別れを受け入れられないケースもあります。

振られてから、改めて元彼の魅力を痛感し、間違いに気付くわけです。

でも間違いに気付いたところで、現実は変えられない。
自分の浅はかな行動が別れた原因だとわかっている分、後悔と嫌悪感におそわれるワケです。

ケース④/長く期間付き合っていた

共に過ごした時間の分だけ、記憶や思い出は積み重なっていくもの。
二人で調べた旅行先、行きつけの料理屋さん、夢中になったドラマやライブ…ふとした物事が元彼を連想させ、幸せだった日々がチラついてしまいます。

さらに、恋人関係が長期になるほど、共通の友人や知り合いも増えてきます。
そういった人々との繋がりも、元彼との別れによって断たれる可能性があるわけです。
元彼以外のものも多く失ってしまうため、なかなか傷が癒えないのでしょう。

ケース⑤/初めて付き合った彼氏

人生で最初の彼氏。その存在の大きさは、女性ならきっと分かるはず。
どれだけ歳を取ったり、別の恋人ができたとしても、初めての彼氏はずっと胸の内にいるもの。

思いでは美化されていくのが常ですが、初めての彼氏は特にでしょう。
鮮烈に、そして甘く、くすぶり続ける初恋の記憶は、そうそう割り切れるものではないわけです。

彼氏はばっさり忘れる?いやいや元サヤを狙った方がいい?

元彼を引きずってしまい「元の鞘に収まれないかな…」と考える女性は多いもの。

まだ想いが冷めておらず、元カレを好きな心がある状態だと、きっぱり思いを断ち切るか復縁を狙うか、そうそう簡単に決められないはず。

というワケで以下からは、自分の中から元彼を忘れるべきか、はたまたもう一度アプローチをしてみるべきなのか。

それを判断する指標を紹介します!

きっぱり忘れよう!未練なんて不要なパターン

例え後ろ髪を引かれたとしても、もう胸の中からきれいさっぱり元彼の存在なんて忘れてしまった方がいい!というパターンは案外多いです。

交際の形や別れの理由、元彼の現在などを考えつつ、なぜ忘れること一択なのか確認していきましょう。

愛する気持ちだけが先に立つとできない忘れるという判断を、様々な材料と合わせることで、可能にしていければと思います!

パターン①/元恋人が別の女性と交際している

元彼に交際相手がいる。まだ彼に気持ちがあるあなたにとっては辛いと思うけれど、彼はとっくに次の恋に進んでいます。

新たなカップルに文句を言うことは、あなたにはできません。
破局後に新しい恋人を作ることは何も悪くないことだし、彼はもうあなたへの気持ちを捨て、昔の思い出にしてしまっているんですよね。

元カレを想うのであれば、幸福を願ってあげましょう。
元の鞘に収まるという希望は胸にしまうこと。

パターン②/好みなのは容姿のみ

元彼が目を引くようなイケメンだった。
こういったケースでは、新しい恋人を作ろうとしたとき、どうしても容姿を重視してしまう傾向があります。

ただちょっと考えてみてほしい。
容姿は抜群だったかもしれないけど、価値観や内面はあなたと合ってましたか?

どれだけ顔がドストライクでも、中身の相性が良くないのであれば、復縁を狙うのはやめた方がいいです。

パターン③/別れの原因が相手にある

浮気癖は治らない、なんて言葉があります。

女性関係以外でも束縛が酷かったりDV・モラハラ体質、働かないetc…どう考えても相手が原因で破局しているのなら、寄りを戻すことは考えない方がいいです。

もう一度付き合ったとして、同じことになるのが目に見えてますからね。

反省してるみたいだし、次はきっと…なんて信じるのは要注意。
別れを決意する程つらい思いを過去にしているのだから、彼のことはきっぱり忘れて、新しい恋に踏み出してください。

パターン④/未来が思い描けない

ずっと付き合ってきて、二人でいるのが幸せじゃないワケじゃない。
ただ先のことを考えると、いい彼氏、とは決して言えないパターンもあるはず。

今が良ければ、と思っている男性もいると思います。
しかし女性の立場に立つと、年齢も考えながら、結婚や妊娠出産を意識しないといけない。

将来像が見えない、元恋人にそもそも結婚の意志がない、意志があっても経済力などがついてこない。

この状態で復縁しても、結局はまたダラダラと交際歴が長くなるだけでしょう。
きちんと将来を考えられる男性との恋愛に、気持ちを切り替えて下さい。

復縁してみる?!別れを乗り越えられるかもしれないパターン

一旦は破局したけれど、その別れを乗り越えて再び愛し合えるパターンもあります。

離れた期間があったからこそ、離別前以上に愛を深め、ゴールインしたという男女も意外と多いんです。

それでは、寄りを戻すのもいいかも?なパターンを見ていきましょう。

パターン①/女性側が原因での破局

あなた自身に破局の原因があったのなら、本気で反省して生まれ変わることで寄りを戻せるかもしれません。

このパターンで重視すべきは、何をおいても元カレの気持ち。

フルという選択をさせるほど傷付けてしまったことへの謝罪、それから、現在もなお残っている未練を誠実に伝えましょう。その上で、男性側に判断を委ねて下さい。

あなたではなく、元彼の心と決断を最優先しましょう。

パターン②/勢いで破局してしまった

ケンカをしてついヒートアップし、勢いのまま破局してしまうカップルは多いです。

しかし一旦距離を取ると、頭に昇っていた血が引き、精神的にも安定してきます。
そこでようやく別れたことが正解だったのかどうか、静かに考えられるようになるのです。

カッとなった状態から覚めれば「やっぱり彼がいい」と思い直し、復縁へと進めるはず。

パターン③/倦怠期からの破局

一緒にいる月日が重なるほど、男女間には倦怠期が訪れやすくなります。

倦怠期になるとトキメキが薄れ、刺激が感じられず、男性/女性として意識できなくなった…なんてパターンはありがち。

この倦怠期が理由での破局なら、倦怠期を解決できれば、もう一度交際が可能です。

一度距離をとってみると、破局時のマンネリ感が嘘のように恋人に会いたくなることもあります。

以前の日々が幸せだったと認識し合えるカップルなら、寄りを戻せる可能性は高いと思いますよ。

破局による傷心はどう癒すべきか?

恋人と破局することは、悲しくて辛いこと。
いつまでもずっとこの痛みを抱えていくのかと思うと、余計落ち込んでしまいますよね。

しかし、いつまでも悲しんではいられません。
傷を癒して前を向けるメソッドを紹介します。

メソッド①/力尽くで記憶を封じるのはNG

むりやり思い出さないようにするのは、却って逆効果。

破局後も日常はありますから、例え苦しんでいても生活を回す必要がありますよね。
恋人がいなくなっただけで、それ以外はいつも通り。

だから彼の記憶に蓋をして、何でもない顔をしようと無理をしてしまうんですよね。
近しい人たちにいらぬ心配をさせまいとするあなたは、心優しく、真っ直ぐな女性なのでしょう。

ただどんなに記憶を押し込めようとしても、それは不可能。

少し前の日常の中には彼がいて、いつもこの場所で連絡をした、ここで買い物をした…と折に触れて思い出してしまうの。

思い出すたびに葛藤し、破局の痛みが繰り返し襲ってくる。
これは【思い出さないようにする】と意識している間はずっと続くし、精神的にどんどん追い詰められてしまうことも。

傷を癒すには、我慢をやめる勇気が必要です。
親でも兄弟姉妹でも友人でも、信頼できる人に【失恋して辛い】ことをはきだしてみましょう。
素直に弱音を吐けば、周りの人たちが手を差し伸べてくれるはず。

メソッド②/時間が解決してくれるまで知らんぷり

時間薬はいつか必ず効いてきます。
苦しみが和らぐまでは、気持ちを誤魔化したり知らんぷりしててOK。

人は心に大きな傷を負った直後、その痛みが和らぐことを想像できません。

悲しみや苦しみが大きいほど、頭も心もその痛みに支配されてしまい、永遠にこの痛みが続いて、時とともに癒されることなんてあり得ないと考えるものだから。

どこにも行けない。ずっと苦しくて痛いままだ。

一人でそんな風に結論づけてしまうため、生活においても活力が失われ、食事をしなくなったり、酷いと引きこもりのような状態になってしまう。

ただ安心してください。
今はそう思えなくても、時が経てば絶対に効いてくるもの。

はっきりとしていた記憶の中の元カレは、次第に色褪せ、輪郭がぼやけます。そしていつしか、顔も背景も思い出せないくらいになるのです。

その状態になるまで、痛みや苦しみは知らんぷりしておきましょう。
痛みに正面から向き合う必要なんてないです。

メソッド③/好き勝手に自分を可愛がる

傷心中は、とにかく自分を可愛がってあげましょう。
やりたかったこと出来ていなかったこと、とにかく好きなことに飛び込むのです。

破局後すぐというのは、どうしたって辛いもの。
常に痛みが襲ってくるし、涙が出そうになったり胸が締め付けられたり。
ご飯が食べられなくなったり、睡眠さえ思うようにとれない日もあるかもしれない。

しかし苦しむだけでは、肉体的にも精神的にも弱っていくだけ。
弱ってしまうくらいなら、全力であなた自身をかわいがり、甘やかしてあげる方がいいんです。

もし恋人のためにダイエットをしていたのなら、お菓子でもお肉でも食べたいものを食べましょう。

元彼の好みに合わせていた服装は、あなたが大好きなブランドで、あなたが最高に可愛いと思える服装にチェンジ。デートやプレゼント代に消えていたお金は、何でもいいのであなたの好きなものに。

破局したワケですから、その程度の縁しかない相手だった、それだけのことでしょう。

どこかで選択肢を間違わなければ、まだ恋人でいられたのかも…なんて思わなくていいんです。どの道、決別する運命だったんです。運命を嘆いていても仕方がない。

とにかく、やりたかったこと、目についたこと、興味のあること…
それらにちょっとずつでいいので手を伸ばしてみてください。

きっと、痛みから脱する兆しが見えるはず。

メソッド④/海を越えて一人旅

ひとりで旅をしてみましょう。
できれば海を越えて、外国に行きたいところ。

傷心した状態で普段通りに職場や学校を往復していても、元彼の影がチラつくだけで、一向に彼を忘れることができません。

かといって関心を向けるものもないし…という毎日なら、思い切って一人旅を計画してみましょう。

破局後も元カレのことばかりが頭を占めている。
こういった女性は、恋人に合わせて趣味趣向を変えているので、主体的な趣味や楽しみを持っていない場合が多い。

旅には、心を豊かにしてくれる刺激や体験がたくさん詰まっています。
過去の恋人に支配された心を解き放ちたいなら、できるだけ普段とは違う環境に身をおいてみよう。

元彼の面影が一切ない外国の地で、日本とは違うカルチャーに触れれば、きっと物事の見方にも変化がでるはず。

帰国後には、彼のことなんてすっかり忘れた、元気な姿を家族や友人に見せられるかも。

ひとまず海外に行って、思いっきり羽を伸ばしましょう。
日本にも世界にも、過去の恋人よりいい男なんていくらでもいるんですから。

メソッド⑤/彼を引っこ抜いた未来図を描こう

元彼を想う気持ちは一旦横に置きます。
それから、あなたは今、どんな目標や未来図をもって生きているか考えましょう。

恋人とゴールインする、夫婦になる、子宝にも恵まれて…
元恋人との交際中、きっとそんな夢を多かれ少なかれ見ていたはず。

そして違和感を持って欲しいのです。
あなたの未来図は、恋人の存在を前提として設計されていませんか?

それがダメというわけではないです。
ただあなたの人生の未来図なのに、軸に彼をしてしまったら、あなた自身の夢が見えなくなってしまうことがある。

彼が恋しくて辛いなら、素直に悲しんでいいんです。
ただ、彼と交際しない世界にいたとしたら、あなたはどんな生活を送ったのかという点に思いを巡らせてほしいのです。

彼と知り合う前、何か夢はありませんでしたか?

あなたの人生は、恋人のものではなく、恋人を軸に回るものでもなく、あなたのものであり、あなたを軸として動いていくんです。

あなたは今後どう生きていきたいか。
元カレのことは一旦横においてもらって、ゆっくりじっくり考えてみましょう。

あなたの本当の夢、思い描いていた姿が、きっと蘇るはずです。

The following two tabs change content below.

中居 賢匠

恋愛トレーナー。恋愛心理学と実体験を元に、恋愛や婚活で悩んでいる方に日々アドバイスやサポートを行っている。「ぼっち」をなくすをコンセプトに一人ひとりに寄り添った恋愛アドバイスを提供中。随時、恋愛相談も受付中!詳しい自己紹介ページも見てください。(恋愛相談フォームあり) ⇒詳しい自己紹介ページはこちら

人気の記事

1

お悩み女性「四つん這いになって、自分で胸を見ると細い。 U U←こんな感じ (泣)」 他にも ブラに胸がおさまらない 子供の授乳で胸がかなり垂れた バストがたれパンダみたいになってる 貧乳で悲しい… ...

2

婚活アプリ初心者 「どんな婚活アプリを選べばいいかわからん。どのランキング見ても順位バラバラだしどれが正しいの?」 今日はこんな疑問に答えていきます。 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ...

3

女性がモテる時期って若いときだけ。そんなこと思ってませんか? でも実際はそんなことはなく、僕の周りの男性陣からもアラフォー以上の女性に魅力を感じたという話なんてそれこそよく聞くこと。 40代の女性でも ...

-失恋と復縁
-, , , ,

© 2020 超恋愛思考.com