恋愛女子力アップ

彼氏がどんどんできなくなる片思い女子のNG行動ベスト4とは?

努力しているのに、なぜか両想いになれない。。。
そんなモヤモヤした毎日を過ごしている女性は多いことでしょう。

あなたもそうですか?

今回は『いっこうに恋愛が進まない片思い女子がやらかしているNG行動』を解説します。

いつか片思いしている彼と手繋ぎデートしたいと思っている女子は必見です。

想い続けている彼とあまーい恋愛をしたいなら、あなたの恋愛思考を一度確認してみましょう。

今回のNG行動に当てはまらなければ、安心してOK!

数ある恋愛の悩みを整理してみると、片想いの深みにはまって、抜け出せなくなっているある傾向が見えてきます。

その傾向の代表的なNG行動4パターンを紹介します。

このNG行動をしてしまうと、彼氏ができないばかりか、どんどんモテない女子にハマっていってしまうので早く抜け出すことが必須。

無意識でやってしまっている女子も多いので、今回の記事を読むことで、いつの間にかあなたもNG行動をしてしまっていないか?よく確認してみてください。

逆に言えば、自分のNG行動に気づければ、今すぐにでも修正ができます。

そうすればあなたが理想とする未来を、どんどん引き寄せることも可能になります。

理想のパートナーと素敵な恋愛をするためにも、今一度、自分が4パターンのNG行動をしていないかチェックしてみてください。

では、解説していきます。

ネガティブ思考が、あらゆる方面で悪影響に

片想い中は、気持ちがぐらぐら揺れてしまいがち。
だからといって、暗い気持ちに支配されてしまっていませんか?

例えば、

  • お茶をしようと勇気を出して誘ったのに、OKを貰えなかった。
  • やっと二人っきりになれたのに、緊張して全然話せなかった。

ひとつひとつは小さなことでも、それが続いたり、意中の人の前では余計、ネガティブに捉えてしまって、落ち込んでいる人は多いと思います。

これでは中々、その先の両想にはなれません。
意中の人と接する中で、心が落ち着かないのは分かります。

ただ、それに負けていてはいけない!
恋愛とは、男性と女性の真剣な心のぶつかりあいだから。

OKがもらえないなら、OKがもらえるような誘い方を考えます。

  • その時は彼の仕事が立て込んでいたから?
  • もっと気軽に二人で立ち寄れる場所へ、行き先を変更できないか?

また、話が弾まなかったときには、彼が興味を持ってくれそうな話題を事前に探してみる。

  • いつも聞いている音楽は?
  • 彼自身は気づいてなさそうな、彼の魅力は?

こんな前向きな努力をコツコツと積み重ねられたとき、恋愛が始まり、その後も関係を続けていく上での糧になります。

自分の気持ちを重視し過ぎている

複数人からアプローチされる事はあっても、恋人ができないのは、ずばり自分の理想の恋愛にこだわり過ぎているのかも。

要は「自分から恋した男性と恋愛したい」ということ。

自分から好きになった人との恋愛でなければ、交際はできない。

これはきっと多くの人が思っていることだし、だれでも理想があるので、できればそうありたいもの。

しかしそれでは、勿体ない!

片想い中に、意中の人しか見えなくなるのはわかります。
でも、あなたのまわりで、もう少し距離が縮まったら好きになれる可能性のある男性はいませんか?

そんな男性がアプローチをしてきたなら、思い切ってOKしてみるのはいかがでしょう?

恋人という関係を通して見れば、今まで気づかなかったその人の一面に気付けるはず。

「理想の恋人像はあったけど、実際に付き合ったのは違う人だった」という人は、実際かなり多いんですよね。

何でもやってあげちゃうタイプはNG?

  • 意中の男性に、お弁当を作ってみる。
  • 飲み会で隣に座って、細かく世話を焼いてみる。

行動自体が完全にNGなわけではないですが、やればやるほど、意中の男性の心は遠のいてしまう可能性が高い。

問題なのは内容というより、実行するタイミング。

恋をしているときは、『(何でも)自分がしてあげたい』という気持ちが強くなるもの。
自分を見てほしいのは当然なので、そう思うのは仕方がないんですが…

しかし一旦冷静になって、考えてみよう。

相手が本当に求めているもの、期待しているものは、あなたのどういう態度(行動)なのか?

一度立ち止まって、相手のことを考えることも大切です。

気持ちを伝えられない、両想いになれない

ずばり、相手に告白できない。

相手に思いを伝えるということは、
「相手とこれから特別な関係で仲良くしていきたい」という真剣な想いを伝えること。

だからこそ、
「恥ずかしい」、「今の良い関係が壊れないか心配」、「嫌われたら怖い」など、
思い悩むことは誰でもあること。

恋する気持ちに正直になるのは、恥ずかしいかもしれない。

しかし恥ずかしがり続けているうちに、意中の男性に恋人ができる可能性だってあるんです。

告白もできなかった…というのは、心残りになります。

一歩踏み出す勇気。それが大事です。

まとめ

まだ幼く多感な期間に、人を好きになって思いっきり悩む。
これはとても素敵な経験です。

すごく大人に見える人だって、そんな蒼い時期を過ごして、恋や愛を学んできはず。

しかし年齢を重ね、大人になるにつれ、良くも悪くも色んな処世術が身につきます。
誰かとの良い関係のバランスを取るのは本当に大変なこと。

誰かと、より特別な関係になりたい思う欲求。
その相手のことを考え、心情や考えをくむ気遣い。

相反するこの二つの気持ちを、自分の一人よがりになり過ぎないように調節していくこと。

恋人、また家族になる前に、それができるように努力する機会があること、それを嬉しく思いながら前向きに努力していきましょう。

The following two tabs change content below.

中居 賢匠

恋愛トレーナー。恋愛心理学と実体験を元に、恋愛や婚活で悩んでいる方に日々アドバイスやサポートを行っている。「ぼっち」をなくすをコンセプトに一人ひとりに寄り添った恋愛アドバイスを提供中。随時、恋愛相談も受付中!詳しい自己紹介ページも見てください。(恋愛相談フォームあり) ⇒詳しい自己紹介ページはこちら

人気の記事

1

お悩み女性「四つん這いになって、自分で胸を見ると細い。 U U←こんな感じ (泣)」 他にも ブラに胸がおさまらない 子供の授乳で胸がかなり垂れた バストがたれパンダみたいになってる 貧乳で悲しい… ...

2

婚活アプリ初心者 「どんな婚活アプリを選べばいいかわからん。どのランキング見ても順位バラバラだしどれが正しいの?」 今日はこんな疑問に答えていきます。 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ...

3

女性がモテる時期って若いときだけ。そんなこと思ってませんか? でも実際はそんなことはなく、僕の周りの男性陣からもアラフォー以上の女性に魅力を感じたという話なんてそれこそよく聞くこと。 40代の女性でも ...

-恋愛女子力アップ
-,

© 2020 超恋愛思考.com