30代女性の恋愛 40代女性の恋愛 モテない女性 婚活関係

アラフォー、40代で婚活してもモテない独身女性は〇〇がダメ!

今回は『婚活してもモテないアラフォー女性の特徴』を紹介します。

なぜ、婚活してもなかなかうまくいかないのか?実はあなた自身に問題があるかも!?

それを確かめるためにも今回の内容を確認してみてほしいと思います。

特に「いい男性に出会わない…」と嘆いている女性にこそ見るべき。あなた自身が知らないうちに迷路に迷い込んでしまっているかもしれない。

でも大丈夫。方向を修正すればうまくいくはず。

婚活がうまくいかないと悩んでいるアラフォー女性は、このまま読み進めてください。

度量がない、包容力も理解力もない…そんなアラフォー女は怖すぎる

40代を迎える、迎えた婚活中のアラフォー女性陣。
もう若くはないけれど、それと引き換えに多くの経験や対人面でのテクニックを学んできましたよね。

しかし、それらを周囲の人への配慮や、気持ちを読むことに使えているだろうか?

そんなこれまでの人生経験を活かせず、「いい男がいない」と男の品定めに使うアラフォーの婚活女性は多い。

間違ったフィルターで探しているのは、周りが嫉妬しそうな肩書や経歴を持っている、いわゆる社会的な優良物件の男性のこと。

なので、今後夫婦となって一緒に暮らしていくうえで、本当に重要になるポイントを押さえられていないのでは?

40代の未婚女性は現実を見つめるべき

婚活中、素敵な男性に会えないと嘆く女性は多いです。
出会った男性への不満でよくあるのは

  • 不潔な印象を受けた
  • トークがいまいち
  • 何度も仕事を変えている
  • エスコートが下手
  • 頭髪が薄い/低身長
  • 所有車が軽自動車

こういったものですが、何だかもう粗探しのような印象すら受ける。
考えてみても、男性のマイナスな部分にしか目がいかない女性がステキだろうか?

そして、婚活中の女性とは逆に、婚活を経て成婚した女性にインタビューをした際、同世代の独身女性について以下のように話す人が多く見られました。

「彼女たちは夫と出会った場所を聞いてきます。
場所うんぬんより、婚活の際に気をつけたことや行動の方が大切だと思うんですが…」

物理的に出会った場所を知っても、何の参考にもなりません。

「彼女が結婚できたのは偶然や運」なんて思っている内は、パートナーを見つけるのは難しいだろう。

40代の女性達の婚活において大きな壁となるのが、自分を柔軟に変化させられないところ。
本人は変化を嫌うくせに、相手には”変わって欲しい”と考える。

変わるべきは誰なのか、一度見つめ直す必要があるよね?

他人にどう思われるかを優先する迷走女子

「条件を緩めるべきでしょうか?」

これは婚活中多くの人が頭を抱える問題です。

最近、結婚した女性がいたけど、旦那さんは正直体型もだらしなく容姿も悪かった。まったく嫉妬しなかった。

これはある婚活中の女性の言葉なのですが…

発言を見るにこの女性、結婚の目的が「他の人から羨ましいと思われたい」んですよね。

上記の成婚した女性は、夫婦となる男性に対して、整った容姿を求めていなかったんだと思います。

不必要な条件なんてあるだけムダだし、さっさと捨てるほうが建設的。
条件を緩めた…というのとも少し違うと思う。

一緒に暮らしていくうえで、どんな人なら信頼がおけるか、どうしても意見を一致させないと困る部分を共有できるか、それらを明確にすることが大切。

ぜんぜん婚活が上手くいかない女性の大半は、親や周囲の人に見せて歩ける、アクセサリーのような男性を求めてしまう。

これって自分自身の価値観というより、社会での価値観に当てはめた相手を探しているに過ぎないんですよね。

社会の価値観を基準に婚活する女性は、親に従順で、進路の決定も親に任せていたタイプが多いように思う。

本人の希望や意思が薄いので、一般的な価値観に流されやすい。
この事実を認めることができれば、婚活において、何かが変わるはずです。

好条件だとしてもいいことばかりではない

周囲から羨まれるような、高い理想を掲げたまま婚活を経て、生涯独身だったとして。

あなたがさんざん気にしてきた周囲の人は、年老いたあなたを助けてくれるだろうか?

残念ながら答えはNO。

他人の評価だけを基準にした婚活は、重要な部分を見落としがちになってしまう。

仕事がよくできてテキパキ物事を進められる男性だと思ったら、女性の意見を全く聞き入れない性格だった。

引っ張ってくれるタイプかと思いきや、自分本位に動いているだけだった…なんて場合もあります。

逆に、少々頼りなさそうに見える男性は、女性のトークを穏やかに聞いてくれるタイプかもしれない。

ちょっとした注意も反発せずに受け入れてくれて、価値観のすり合わせがしっかりできる人柄…なんてこともあり得ること。

長所と短所は表裏一体。ぱっと見では好条件ではない男性も、あなたにとって抜群のメリットをもっているかもしれません。

40代になるまでに、たくさんの人と知り合い接してきたはず。
その経験を異性の品定めに使わず、包容力や理解力として自分の中に蓄積していきましょう。

結婚した40代女性たちのことば

愛する男性と出会い、結婚に辿り着いた、40代の元婚活女性たち。
そんな女性の多くが口にする台詞が「前までの私なら、今の夫に惹かれることはなかった」というもの。

つまり昔は、本来自分にはどうでもいいような条件にこだわって、本当に心を通わせられる相手を切り捨ててしまっていたわけです。

例えば高学歴にこだわった場合、学歴はあっても話のクソつまらない男性にばかり当たってしまうかもしれない。

学歴自体はそれほどでなくても、話していて面白い人や、地頭の良さを感じられる人はいくらでもいるはずなのに。

しかし学歴というフィルターをかけてしまうと、婚活の場で、後者のような人に出会える可能性はうんと低くなります。

他にも、服に無頓着な男性は…と思っていたA子さんの現在の旦那さんは、TPOさえ守っていれば服にこだわりがないタイプ。こだわりがないので、A子さんがコーディネートすればそのままのファッションをしてくれるそうです。

また、収入が旦那さんとトントン程度だというB子さん。
昔は自分の倍くらい稼いでほしいと考えていたそうですが、別に贅沢が好きなわけでもなくお金持ちと周りに思われたいだけなんだと、あるとき悟ったそうです。

年下世代の悪いお手本にならないように

それでは最後に、とても耳の痛い話をしたいと思います。。

若いうちから婚活をする人も増えていますが、やはりメイン層となるのはアラサー、30歳前後の世代です。

この世代もいい人がいないというのは常套句。
自分のことは棚に置いときながら、男性にはハイスペックさを求める女性がよくこの台詞を使います。

高望み婚活が、そう簡単にうまくいくはずがない。

ただ、そんな寝言を言っているアラサーさんの目を覚まさせるのは、実は40代の婚活女性たちなんです。

目を覚ましたアラサーさんたちはムダな条件を切り捨て、本当に自分に必要な男性像を考えはじめます。

では、アラサー女性にそのきっかけを与えるのは何なのか。

それは「理想像に捉われて、本質を見られずに男性を見下げる。醜い40代の婚活女性」の姿です。

いずれ自分がなってしまうかもしれない憐れな姿を目の当たりにすることによって、彼女らは目を覚まします。

いつまでも非現実的な理想を掲げていては、年下世代に学ぶチャンスをあげるだけで、自分は幸せになれない。

悪いのお手本になるのではなく、自分自身が幸せになれる婚活をしてくださいね。

The following two tabs change content below.

中居 賢匠

恋愛トレーナー。恋愛心理学と実体験を元に、恋愛や婚活で悩んでいる方に日々アドバイスやサポートを行っている。「ぼっち」をなくすをコンセプトに一人ひとりに寄り添った恋愛アドバイスを提供中。随時、恋愛相談も受付中!詳しい自己紹介ページも見てください。(恋愛相談フォームあり) ⇒詳しい自己紹介ページはこちら

人気の記事

1

お悩み女性「四つん這いになって、自分で胸を見ると細い。 U U←こんな感じ (泣)」 他にも ブラに胸がおさまらない 子供の授乳で胸がかなり垂れた バストがたれパンダみたいになってる 貧乳で悲しい… ...

2

婚活アプリ初心者 「どんな婚活アプリを選べばいいかわからん。どのランキング見ても順位バラバラだしどれが正しいの?」 今日はこんな疑問に答えていきます。 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ...

3

女性がモテる時期って若いときだけ。そんなこと思ってませんか? でも実際はそんなことはなく、僕の周りの男性陣からもアラフォー以上の女性に魅力を感じたという話なんてそれこそよく聞くこと。 40代の女性でも ...

-30代女性の恋愛, 40代女性の恋愛, モテない女性, 婚活関係
-, , , ,

© 2020 超恋愛思考.com