モテない女性

一度も彼氏できないしとにかくモテない女が勇気出して気になる男性にアピールしてみた体験談!

私は昔からとにかくモテない女でした。一度も彼氏ができないし、いつも友達や周囲でカップルが誕生する度に妬んで、いじけていました。

一番格好悪かったのは中学生の時だと思います。その頃の私は、身だしなみやファッションに対する興味がほとんどゼロと言ってもいいくらい、ありませんでした。

親に買ってもらった服をなんの疑問も持たずに着続け、眼鏡は子供用の大きくてダサいものをかけ続けていました。

基礎化粧品というものに対する認識がなく、スキンケアをせずにニキビ治療薬だけを塗りまくることもしていました。そのくせ可愛いヘアピンやヘアバンドを買ってきて、学校につけていっていました。

好きな男の子もいました。スポーツ少年で日に焼けた、小柄だけれど爽やかな男の子でした。喋る機会は割とあったし、からかわれる事も多かったので、私は彼が私を好いてくれているんだと勘違いしていました。

彼が持っている文房具を買ってきて、恥ずかしげもなく使っていました。でも今思えば、からかわれていたのは好意からではなく、単に私が田舎じみた勘違い女だったからだと思うのです。

やがて彼は同じ学年のギャルっぽい女の子と付き合い始め、手を繋いで登下校するなど幸せそうにしていました。私の片想いは無惨にも崩れ去りました。周囲からも大分笑われたような気がします。

転機になったのは、高校、大学に進学したことでした。高校に入ってからは、親の反対を押しきって眼鏡を子供用のものから新しいスリムなデザインのものに変え、定期的に美容院に行って髪の毛をきれいに保つようにしました。

また、洗顔と保湿にも気を遣うようになりました。大学に入ってからは、化粧を覚え、服を買い換えて昔着ていたボーイッシュなものはすべて処分しました。

身だしなみに気を遣うようになってから、友達も増えました。一緒に食事にいったり、遊びにいったりしました。大学の授業で積極的に発言できるようにもなりました。自分に自信がついたのだと思います。

そんな中、大学のゼミナール形式の授業で、気になる男性ができました。同じ学年で、決してかっこいいタイプではありませんでしたが、落ち着いた優しそうな男性でした。

私は勇気を出して話しかけ、趣味などを聞き出して、その趣味に関する本を買ったり図書館から借りたりして、なんとか話が続くように努力しました。その結果、連絡先を交換することができました。

その後、趣味の話題を通じて頻繁に連絡を取り合うようになり、同じ本を読んだりしているうちに意気投合して、遂に付き合うことができました。

もし中学生の時のように、親に買ってもらった服をそのまま着続けたり、子供用の眼鏡をかけつづけたりするなど、自己主張のない、身だしなみに頓着しない生活を続けていたら、いつまでたっても大人になれず、男性と付き合うこともできなかっただろうと思います。親に反抗して良かったと思います。

自分に関心を持ち、自分の魅力を知って、自分を少しでも好きになることが幸せへの道だと感じました。

The following two tabs change content below.

中居 賢匠

恋愛トレーナー。恋愛心理学と実体験を元に、恋愛や婚活で悩んでいる方に日々アドバイスやサポートを行っている。「ぼっち」をなくすをコンセプトに一人ひとりに寄り添った恋愛アドバイスを提供中。随時、恋愛相談も受付中!詳しい自己紹介ページも見てください。(恋愛相談フォームあり) ⇒詳しい自己紹介ページはこちら

人気の記事

1

お悩み女性「四つん這いになって、自分で胸を見ると細い。 U U←こんな感じ (泣)」 他にも ブラに胸がおさまらない 子供の授乳で胸がかなり垂れた バストがたれパンダみたいになってる 貧乳で悲しい… ...

2

婚活アプリ初心者 「どんな婚活アプリを選べばいいかわからん。どのランキング見ても順位バラバラだしどれが正しいの?」 今日はこんな疑問に答えていきます。 本記事の内容 ランキング除外商品と理由を全て晒す ...

3

女性がモテる時期って若いときだけ。そんなこと思ってませんか? でも実際はそんなことはなく、僕の周りの男性陣からもアラフォー以上の女性に魅力を感じたという話なんてそれこそよく聞くこと。 40代の女性でも ...

-モテない女性
-, , , ,

© 2020 超恋愛思考.com